BPMをキーフレーム化するjsflコマンド

2009.11.08 01:12

20091108.jpg

入力されたBPMに合わせてキーフレームを挿入するjsflコマンド「BPM2Keyframe」を作りました。Flashタイムライン上で音楽に合わせてアニメーションを作る際に、タイミングの目印を作ることができます。zipの中にjsfl本体とパラメータ入力用xmlが入ってますので、どちらもCommadsフォルダに入れてください。

jsfl? commands? という方は以下の記事の参照お願いします。

主な特徴は以下の通り。

  • 入力パラメータ(時間[秒]・BPM)とflaファイルの設定fpsから自動計算
  • 実行中の計算は小数精度
  • レイヤーの長さが足りない場合はフレームを自動的に挿入
  • マーク間隔ごとにフレームコメントを付けるすることでより見やすく
  • マーク間隔は可変なので3拍子などにも対応可能
  • Flashの音ずれに対応(後述)

BPMというのは音楽のテンポを表す尺度で、1分あたり何拍のビート(?)を刻むかを表します。大きいほど早いです。もともとのBPMは自動測定という訳にはいきませんが、作曲者さんに聞いてみるなり自力で測るなり。私の場合よくBPMカウンターを使ってます。

使用上の注意ですが、エラーチェックは結構適当です。パラメータに意地悪な小数値を入力したり大きすぎる値を入れると誤作動やフリーズの原因となりますのでご注意ください。 時間単位は秒です。また、動作させるときは空のレイヤー中の一フレームを選択することを想定しています。キーフレームのあるレイヤー上で動作させる場合、キーフレームが重なるとマークがずれる可能性があります。

最後に音ずれについて。Flashには、ストリーミング設定にした音声もオーサリング中とパブリッシュ後でタイミングがずれてしまうという問題があります。入力時に音ずれ補正を「あり」にするとFlash編集に、「なし」にするとパブリッシュ後に最適化されます。具体的には「あり」にすると720フレームにつき1フレーム間隔を詰めてます。720という数値は経験則なのでこだわる人は書き換えてください。Flashの音ズレについては以前まとめましたので、以下の記事をどうぞ。

ご指摘などお待ちしております。

フレームをシンボルに変換するjsfl ver1.1

2008.10.03 04:56

20081003.jpg

「フレームを選択してコピーして新規シンボル内にペーストして座標が同じになるように配置する」コマンド「Frame2Symbol」ver1.1です。特大のアイキャッチ画像を使ってしまうくらいお気に入りです。Flashタイムラインいじりの好きな全ての方にお勧めです。

ダウンロード:Frame2Symbol.mxp
ソース詰め合わせ:Frame2Symbol_src.zip

前バージョンからの変更点は

  • コピー元レイヤーの自動削除が可能になった
  • フレーム選択の方向に関わらず、真上のレイヤーにシンボルが配置されるようなった
  • 名前入力が楽になった(入力欄がフォーカスされるようになった)
  • パネルレイアウトがコンパクトになった
  • 名前を英語に統一する方向にした

ところでしょうか。特に最初のは大きいと思います。

また、今回からちゃんとmxp化しました。これで面倒くさいフォルダ探索も必要ありません。ダブルクリック一発です。mxpファイルはAdobe Extention Managerを介することによってわかりやすく管理・インストールできます。公式のフリーのツールで、他の製品や過去バージョン(Macromedia製品)にも対応しています。

また、今回mxp化を調べてる上でこちらを参考にさせていただきました。思ったより簡単でした。文字コードにお悩みの方はTeraPadがコード指定保存できて便利ですよ。

階段状にフレームを挿入するjsflコマンド

2008.09.04 08:45

20080904.jpg

多数のモーションのタイミングを調整するときに、F5キーと格闘する必要性はもうありません。「階段状にフレームを挿入する」コマンド”FrameIntoFunction”リリースです。なんつってなんつって。

FrameIntoFunction.zip

効果は図の通りですが、作ってみて思いのほか用途の広いコマンドです。少なくとも、私にとっては。

以下使い方、使用例、ソースの順に紹介いたします。

Read more »

以降のフレームを削除するjsflコマンド

2008.08.09 07:06

20080809.jpg

Flashで大量のレイヤーを扱う上で、どのレイヤーを何に使ったのかわからなくなってしまう!っていうか新規レイヤー無駄にフレーム伸びすぎ!という悩みをお抱えのあなたに朗報です。「選択部分以降のフレームを削除する」コマンド”FinalizeFrame”を作ってみました。

 finalizeframe.zip

 使い方は上記zipファイルを解凍して、中のjsflファイルをこの記事後半で解説したフォルダに放り込むだけです。ショートカットはF12やCtrl+F5あたりがおすすめです。以下解説やソースなど。

Read more »

jsflのすすめ

2008.02.03 01:39

 以前、「フレームをシンボルに変換」というコマンドを公開したとき思ったこと。何人かからレスポンスがあったのですが…コマンドの便利さを知ってる人が少なすぎる!ほんとに!これはもったいない!大幅に作業スピード上がるのに!ということで布教活動。「jsflってなんだ?」から「試しに『レイヤーを削除する』を作ってみる」まで。必要なものはFlashのみです。苦労を避けるための苦労を避けてはいけませんよ。

Read more »

- Next » -